時代は非喫煙者!貴方もチャンピックスで勝ち組に

時代は非喫煙者寄りになっています。
喫煙者にとっては肩身の狭い時代になってきていますが、最近では、業務効率の低下防止や社員の健康増進を理由に「喫煙者は採用しない」と銘打っている会社も存在します。

2011年のニコレット禁煙支援センターの調査によれば、新社会人のうち習慣的に喫煙している人はたった7%に過ぎず、喫煙者の80%の人が、禁煙しよう思っているそうです。

禁煙に何度も挫折経験があると、意思だけで禁煙することの難しさを痛感している方も多いのですが、そんな方でも禁煙成功率の高いことが評判になっており、利用者が増えている禁煙治療の補助薬が「チャンピックス」です。
貴方もチャンピックスで勝ち組になってみませんか。

チャンピックスに含まれている成分の「バレニクリン酒石酸塩」は、ニコチン受容体に結合することが可能です。
結合すると、少量のドーパミンを放出します。
煙草の喫煙により体内に取り込まれたニコチンは、脳内のニコチン受容体に結合することにより、ドーパミンが放出され煙草を吸うとおいしいと感じるのです。

煙草のニコチンと同じ作用があるチャンピックスを服用することで、禁煙時のイライラや不安感を抑えることができるのです。

この原理から、煙草でニコチンを補充するよりも先に、チャンピックスを服用することにより、有効成分が先回りして、ニコチン不足からやってくる煙草を吸いたいという禁断症状を抑制することが可能となるのです。
本人の意思と関係ないレベルで働きかけることができるので、禁煙成功率が高くなります。

ニコチンガムやニコチンパッチも、基本は同じ原理です。
しかしそれらは、ニコチンを煙草以外の製品で、体内に取り込んでいるという事実には変わりなく、肝心のニコチン依存は取り除くことができないままです。